名誉に対する罪

保護法益

名誉に対する罪の保護法益は、人の名誉である。

名誉の概念

人の「名誉」は多義的な概念である。

一般的には、次の3つに分類される。

内部的名誉
客観的に存在する人の内部的な人格的価値そのもの(真価)をいう。
外部的名誉(社会的名誉)
人の価値に対して社会が与える評価(評判・世評)をいう。
名誉感情(主観的名誉)
人の価値に対して本人自身が有する価値意識・感情をいう。

内部的名誉は、他人の行為によって侵害される性質のものではないので、名誉に対する罪の保護法益となりえない。

名誉棄損罪

公共の利害に関する場合の特例

死者の名誉棄損罪

侮辱罪

参考ページ

名誉毀損 – Wikipedia

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする