善解の理論

善解の理論とは

善解の理論(ぜんかいのりろん)とは、商業登記の申請において、登記官は当事者の申請を善意に基づいて解釈する(善解する)という原理である。善解理論(ぜんかいりろん)ともいう。

この場合の「善意」とは、「事情を知らないこと」という意味ではなく、「相手の言動を良い意味に捉えること」という意味である。

善解の理論に基づき、登記官は、登記の申請が無効である可能性が考えられるとしても、無効であることが書面(申請書と添付書面)から明らかでない限り、申請を有効なものとして処理を行う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする