遺言

遺言の意義

遺言とは、死後の法律関係を定めるための最終意思の表示である。

遺言をする者を遺言者という。

遺言制度は、遺言者の生前の最終意思を尊重して、遺言者の死後に法律上その効力を認めるものである。

遺言の法的性質

遺言には、次の法的性質がある。

  • 死因行為(死後行為)
  • 要式行為
  • 単独行為
  • 代理に親しまない行為
  • 撤回可能な行為
  • 法定事項に限りなすことができる行為(法定事項に限りすることができる行為)

死因行為(死後行為)

遺言は、遺言者の死亡の時からその効力を生ずる(民法985条1項)。

要式行為

遺言は、民法に定める方式に従わなければならない(民法960条)。民法で定める方式に従わない遺言は無効である。

遺言は遺言者の死亡の時から効力を生じる(民法985条1項)から、遺言の効力が生じてから遺言者の真意を確認することができない。遺言の内容があいまいな場合、あるいは遺言が偽造・変造された場合、遺言の効力が生じてから遺言者の真意を確認することはできないから、遺言の内容や効果をめぐって相続人間で争いが生じやすい。そこで、遺言者の真意を明確にし、後日の紛争を防止するため、遺言には法律で厳格な要式が求められている。

単独行為

遺言は相手方のない単独行為である。相続人や受遺者(遺言により遺言者の財産を譲り受ける者)の承諾は必要ない。

代理に親しまない行為

遺言者の最終意思を尊重する観点から、遺言は遺言者本人の独立の意思に基づいてなされなければならない。

それゆえ、遺言の代理は許されない。

遺言について、制限行為能力制度の適用は排除される。

撤回可能な行為

法定事項に限りなすことができる行為

遺言は、法定されている事項に限りすることができる。

参考ページ

遺言 – Wikipedia


民法の解説記事一覧

民法総論

民法の基本的仕組み

民法総則

権利の主体(自然人)

権利の主体(法人)

権利表示による権利変動

意思表示の瑕疵

契約の不当性

無効と取消し

代理

法律行為の効力発生時期(条件・期限)

時効

財産法

物権

物件の意義と種類

物権的請求権

物権変動

占有権

所有権

用益物権

担保物権

担保物権総論

留置権

先取特権

質権

抵当権

譲渡担保

債権総論

債権関係とその内容

債務の不履行

責任財産の保全

弁済

相殺

更改・免除・混同

債権譲渡・債務引受・契約引受

多数当事者の債権関係

保証債務

第三者による債権侵害

契約

契約総論

贈与

売買

消費貸借

使用貸借

賃貸借

雇用

請負

委任

寄託

組合

和解

法定債権関係

事務管理

不当利得

不法行為

家族法(身分法)

親族法

親族

戸籍と氏

婚姻

離婚

内縁・事実婚

親子

養子

親権

後見・補佐・補助

扶養

相続法

相続の開始と相続人

相続の効力

相続回復請求権

遺言

遺贈

遺留分

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする