労働条件の基本7原則(労働憲章)

労働条件の基本7原則(労働憲章)

労働基準法における労働条件の基本原則は、次の7つである。

  1. 労働条件の原則(1条)
  2. 労使対等の原則(2条)
  3. 均等待遇(3条)
  4. 男女同一賃金の原則(4条)
  5. 強制労働の禁止(5条)
  6. 中間搾取の排除(6条)
  7. 公民権行使の保障(7条)

上記の7つの基本原則は、「労働憲章」と総称される。

参考文献

浜村彰・他(2019)『ベーシック労働法(第7版)』有斐閣


労働基準法の解説記事一覧

総則

労働契約

  • 労働基準法違反の契約
  • 契約期間等
  • 労働条件の明示
  • 労働者の労働契約解除権と帰郷旅費
  • 賠償予定の禁止
  • 前借金相殺の禁止
  • 強制貯金
  • 退職時等の証明
  • 金品の返還
  • 解雇制限
  • 解雇の予告等
  • 解雇予告制度の適用除外者

賃金

  • 賃金の定義
  • 平均賃金
  • 賃金支払5原則
  • 非常時払い
  • 休業手当
  • 出来高払制の保障給

労働時間

  • 労働時間等に関する規定の適用除外
  • 高度プロフェショナル制度
  • 労働時間の計算
  • 法定労働時間
  • 変形労働時間制
  • 1ヵ月単位の変形労働時間制
  • フレックスタイム制
  • 1年単位の変形労働時間制
  • 1週間単位の非定型的変形労働時間制
  • 休憩
  • 休日
  • 時間外・休日労働の定義
  • 非常災害等による時間外・休日労働
  • 36協定による時間外・休日労働
  • 割増賃金
  • みなし労働時間制
  • 事業場外労働のみなし労働時間制
  • 専門業務型裁量労働制
  • 企画業務型裁量労働制
  • 年次有給休暇

年少者

  • 年齢による労働者保護法制
  • 未成年者
  • 年少者
  • 児童

妊産婦、就業規則及び雑則等

  • 妊産婦等
  • 技能者の養成及び災害補償

就業規則

寄宿舎

雑則

罰則

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする