刑法

刑罰論

刑罰の意義 刑罰とは、犯罪に対する法律上の効果として、国家が犯罪者に課する一定の法益の剥奪をいう。 刑罰の種類 主刑 主刑とは、それ自体を独立して科すことのできる刑である。 主刑は、付加刑に対するものである。 主...
法律一般

「各号の一」は何と読めばいいのか

「各号の一」の読み方に関する2つの説 「各号の一」の読み方には、2つの説があります。 かくごうのいつ かくごうのいち どちらの説が正しいのか、検証していきます。 法律家は「かくごうのいつ」と読む 平野敏彦...
判例

最判昭和41年11月18日民集第20巻9号1845頁(賃金請求事件)

判例情報 事件番号 昭和39(オ)347 事件名 賃金請求 裁判年月日 昭和41年11月18日 法廷名 最高裁判所第二小法廷 裁判種別 判決...
判例

最判昭和38年9月5日民集17巻8号909頁(登記抹消等請求事件)

判例情報 事件番号 昭和35(オ)1388 事件名 登記抹消等請求 裁判年月日 昭和38年9月5日 法廷名 最高裁判所第一小法廷 裁判種別 ...
判例

最判昭和44年11月27日民集23巻11号2301頁(売掛代金請求事件)

判例情報 事件番号 昭和40(オ)1197 事件名 売掛代金請求 裁判年月日 昭和44年11月27日 法廷名 最高裁判所第一小法廷 裁判種別 ...
刑事訴訟法

刑事手続の目的

刑事手続の目的 刑事手続の目的は、事案の真相を明らかにし(真相解明)、刑罰法令を適正かつ迅速に適用実現すること(刑罰法令の実現)である(刑事訴訟法1条)。 上記の刑事手続の目的実現にあたっては、公共の福祉の維持と個人の基本的人権の保...
民法

民法の三大原則

民法の三大原則 民法の三大原則は、①権利能力平等の原則、②所有権絶対の原則(私的所有権平等の原則)、③私的自治の原則の3つである。 権利能力平等の原則 権利能力平等の原則とは、すべての人は等しく権利能力を有するという原則である...
社会保障法

日本の労働政策・社会保障制度の主な沿革(変遷)

日本の労働政策・社会保障制度の主な沿革(変遷) 1922年(大正11年) 区分 項目 内容 背景 日本の労働政策に関する出来事 日本の社会保障制度に関する出来事 健康保険法制定...
労働基準法

高度プロフェッショナル制度

条文 労働基準法 第四十一条の二 賃金、労働時間その他の当該事業場における労働条件に関する事項を調査審議し、事業主に対し当該事項について意見を述べることを目的とする委員会(使用者及び当該事業場の労働者を代表する者を構成員とするものに限る...
労働基準法

就業規則と労働契約との関係(労働基準法93条、労働契約法12条)

就業規則と労働契約との関係(労働基準法93条、労働契約法12条)について解説します。 条文 労働基準法 (労働契約との関係) 第九十三条 労働契約と就業規則との関係については、労働契約法(平成十九年法律第百二十八号)第十...
タイトルとURLをコピーしました