労働基準法

就業規則と法令及び労働協約との関係(労働基準法92条)

就業規則と法令及び労働協約との関係(労働基準法92条)について解説します。 条文 労働基準法 (法令及び労働協約との関係) 第九十二条 就業規則は、法令又は当該事業場について適用される労働協約に反してはならない。 ○2...
労働基準法

就業規則の制裁規定の制限(労働基準法91条)

就業規則の制裁規定の制限(労働基準法91条)について解説します。 制裁規定の制限 労働基準法 (制裁規定の制限) 第九十一条 就業規則で、労働者に対して減給の制裁を定める場合においては、その減給は、一回の額が平均賃金の一...
労働基準法

就業規則の作成の手続(労働基準法90条)

就業規則の作成の手続(労働基準法90条)について解説します。 作成の手続 労働基準法 (作成の手続) 第九十条 使用者は、就業規則の作成又は変更について、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においては...
労働基準法

就業規則の作成及び届出の義務(労働基準法89条)

就業規則の作成及び届出の義務(労働基準法89条)について解説します。 作成及び届出の義務 労働基準法 (作成及び届出の義務) 第八十九条 常時十人以上の労働者を使用する使用者は、次に掲げる事項について就業規則を作成し、行...
民法

遺言

遺言の意義 遺言とは、死後の法律関係を定めるための最終意思の表示である。 遺言をする者を遺言者という。 遺言制度は、遺言者の生前の最終意思を尊重して、遺言者の死後に法律上その効力を認めるものである。 遺言の法的性質 ...
民法

相続回復請求権

相続回復請求権の意義 相続回復請求権とは、不真正相続人(真実の相続人ではない者)が、真正相続人(真実の相続人)の相続権を侵害している場合に、真正相続人が自己の相続権に基づいてその侵害を排除し、相続権(相続財産)を回復する権利である。 ...
民法

遺留分

遺留分の意義 遺留分とは、一定の相続人に対して留保された(一定の相続人に対して取得が保障された)、相続財産の一定割合をいう。 相続開始とともに遺留分(相続財産の一定割合)を取得する権利を遺留分権といい、遺留分権を有する者を遺留分権利...
関税法

関税法の解説記事一覧

総則 関税法の用語の定義(輸入、輸出、外国貨物、内国貨物など) 期間及び期限 船舶及び航空機 通関(輸出通関) 通関(輸入通関) 保税地域 運送 収容及...
関税法

関税法の用語の定義(輸入、輸出、外国貨物、内国貨物など)

輸入 「輸入」とは 関税法第2条第1項第1号 「輸入」とは、外国から本邦に到着した貨物(外国の船舶により公海で採捕された水産物を含む。)又は輸出の許可を受けた貨物を本邦に(保税地域を経由するものについては、保税地域を経て本邦に)引...
国際私法

準拠法決定のプロセス

準拠法とは 準拠法とは、渉外的私法関係に適用すべきとされた実質法のことをいう。 準拠法決定のプロセス 法律関係の性質決定 連結点(連結素)の確定 準拠法の特定 準拠法の適用 法律関係の性質決...
タイトルとURLをコピーしました